陶芸と写真と一行詩
by ray
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
ポストカード
陶芸
日々是好日
お知らせ
最新のコメント
> fujisuzuko..
by rayart at 03:36
ぽんわりと華の縁を彩る白..
by fujisuzuko at 14:21
>Shizuki さん ..
by rayart at 07:59
rayさん お久しぶり..
by Shizuki at 19:23
>月夜野 さん 一瞬の..
by rayart at 08:00
こんにちは。 まさに一..
by 月夜野 at 12:45
>23:55さん 大丈..
by rayart at 04:35
>rupuria さん ..
by rayart at 08:37
あけまして、 おめでと..
by rupuria at 16:47
>聖 さん おはようご..
by rayart at 08:31
●伝言板●
以前の記事
2017年 05月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
検索


記憶の在処

b0146278_2252399.jpg

[PR]
by rayart | 2009-03-08 22:52 | ポストカード | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://rayart.exblog.jp/tb/10468556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by karin at 2009-03-09 05:29 x
時というものは本当にたまゆらのように・・・

長く、そして、とても短いものに感じます・・・



振り返る自分に、何時もそう、思ってしまいます。

互いに感じた時間・・・そして想い・・・

これから先に待ち受ける想いも・・・


時が過ぎればまた一瞬のことになるのでしょう・・・


一瞬に過ぎ去ってしまっても・・・
心の中では芽生えたものは永遠と消えず優しき想いへと、繫がることを信じています。
Commented by Seiya at 2009-03-09 12:29 x
こんにちわぁ
燃えるような空。。スゴイですね~
そして奥深いタイトル・・・
その先に続く物語を、色々想像できます^^
Commented by rayart at 2009-03-09 21:25 x
>karinさん
繋がっています。
一瞬であれ一生であれ出逢い、重なり溶け合った想いは
永久に繋がっています。
Commented by rayart at 2009-03-09 21:34 x
>Seiyaさん
どんな物語を想像するのだろう。
夜の帳が降りる頃、語られなかった物語は秘かに刻まれていく。
Commented by Hiro at 2009-03-11 17:27 x
重なった想いは、夕日と共に・・・
消えてしまうわけではないのですね。
綺麗ですね。とても温かく感じました。
Commented by rayart at 2009-03-11 20:56 x
>Hiroさん
見える形や色が変わっても、それはそこに在る。
人のこゝろも同じようなものだと思います。
見るから観るへ。
<< 時の交わり こゝろ色 >>